10/12/2018

自分らしく働く方法としてバイトや派遣があります。どちらも介護現場で活躍する事ができ、自分のペースで働く事が出来るのが特徴です。

派遣として働く時には介護施設などに登録するのではなく、派遣会社に就職します。担当者が希望の条件や理想の働き方などをヒアリングして自分に合う職場を紹介してくれます。面接時には担当者も同席する場合もあるので緊張せず済むのも良い部分です。勤務時間や勤務場所、時給など細かい部分まで確認してくれるだけでなく、自分では言いづらい賃金の交渉も担当者がしてくれるので安心です。派遣を利用する事で自分の時間を確保でき、試験勉強や子育て、家庭との両立を叶えてくれます。トラブルが起きた時も担当者が味方になってくれるので余計な事を気にしなくて良いのもメリットです。

アルバイトで働くメリットは資格取得の為の実務経験になる事です。介護福祉士など施設などで一定の経験を積まなければならない資格も正社員と同じ様に時間が換算されます。シフト制なら自分の都合を優先してスケジュールを立てる事も可能で、責任者に交渉すれば融通の利くのです。

派遣やアルバイトとして働くと転職しても経歴に傷が付かずに好きな職場を渡り歩けます。人間関係に悩んで仕事をやめたとしても履歴書や職務経歴書に記載する必要は無いので、自分には合わないと思ったらすぐに職場を変えられます。また自分に合う職場だと思ったらそのまま働き続け、正社員として採用して貰うケースもあるのです。