10/12/2018

仕事を探す際に、派遣で働こうかバイトで働こうか迷うことがあります。一般的に派遣のほうがバイトよりも時給が高いということが最大のメリットといえます。また派遣会社に登録すると自分に合う仕事を紹介してもらえるため、仕事を探す手間が省けること、厚生年金や健康保険、雇用保険などに加入できるので福利厚生が充実しているということもメリットとなります。その他にも、派遣であるからこそ入り込むことができる大企業などでも働けるチャンスが巡ってくることもあります。

逆にデメリットもあります。派遣の場合、短期間契約であることが多いので継続して安定した仕事ができないということが一つです。また契約が更新されることがあっても、時給が上がることはあまりないといってよいです。正社員やバイトの場合、成績や勤続年数に応じて給料が上がっていく可能性が高いですが、派遣の場合はその可能性が低いといえます。また交通費も時給に含まれていることも多いです。

その他には、派遣の場合は短期契約なのでいろいろな職種に就ける可能性があります。自分のやりたいことを見つけたい人にはおすすめです。逆に将来的にその業種で知識や技術などのスキルを身に付けたいということで働きたいなら、長期のアルバイトや契約社員を選ぶほうが良いといえます。

いずれにせよ、自分がどのように働きたいかでメリットやデメリットが異なってきます。自分に合った方法で働き方を選ぶことがオススメです。